ゆるーく生きたい

なんとなく気になったものやその日食べたものとか、仕事で思うこととか書いていきます

15戦15勝はすごすぎる

こんにちは。

小島です。

 

気がつけば始まっていましたねオリンピック。

今までのオリンピックってそこまでちゃんと見てなかったんですが、今年はちゃんとバドミントンを見ようと思って見ていたんですが、

日本人強すぎませんか?笑

 

本日で開催3日目で、日本人の試合は合計で15試合ありましたが、全て勝っています!

いやこれはまじでメダルラッシュも夢じゃないですね!!

 

今回は昨日(7月25日)に行われた試合について、バドミントンかじったことがある程度の自分がコメントしてみたいと思います。

 

自分がテレビで見ていたのは、男女混合からだったので、そこからのコメントになります。

 

ワタヒガペア

まずは渡辺選手東野選手の男女ミックスです!

相手はオーストラリアのペアでした!

 

この試合は普通に東野選手のスマッシュの強さが出た気がします。

というか東野選手の攻撃が男子ばりにスゴいし、他の国のミックスと違って普通のダブルスしているような、陣形を維持できるのがこのペアの強みだと思います。

 

※バドミントンの男女ミックスだと、基本的には女性が前衛、男性が後衛でコートの大半を男性が対応して、詰めるところを女性が担当することが多いですが、このペアは比較的、男子同士、女子同士でのダブルスと同じような動きができているんです。

 

ちなみに渡辺選手は男子ダブルスの日本代表でもあるので、これもすごいですね!

 

フクヒロペア、ナガマツペア

続いては、女子ダブルスの試合でした。

世界ランキング1位のフクヒロペアと、2位のナガマツペアが連続で試合をしていました。

 

まずはフクヒロペアですが、相手はマレーシアの選手。

この試合、1ゲーム目はマレーシアのペアが先取することになりました。

正直、廣田選手が足をけがしているって報道もあったので調子悪いのかな?って思って見ていましたが、

2ゲーム目の後半くらいから、相手が体力切れてきて3ゲーム目になったら一気に突き離しての勝利でした。

 

ファイナルセットの福島選手の動きのキレが半端じゃないくらい高かったので見ていて、どんな体力だよ…

って思っていました笑

ちなみに、試合中ずっと笑顔だった福島選手が非常に素敵でした。

 

 

続いて、ナガマツペアですが、相手はカナダのペア

こちらも1ゲーム目はカナダに取られてしまったところからスタートでしたが、2ゲーム目3ゲーム目で逆転勝利になりました!!!

 

これは本当にすごい試合でした。

フクヒロペアの試合は、結果的にかなりディフェンシブな動きで耐えて耐えて相手のミスを誘うような試合だったのに対して、ナガマツペアの試合は、お互いに攻めて攻めての応酬になっていた印象です。

 

カナダのクリステン・ツァイ選手もかなりカッコいい選手だなって印象でしたし、このペアにも個人的にはぜひ決勝トーナメントに上がってきていただいて、もう一回試合を見たいって思うくらいかっこよかったです。

 

 

明日の日本人選手の試合について

明日7月27日の試合ですが、

日本人選手は

 

男子ダブルス

園田選手、嘉村選手(ソノカムペア)

遠藤選手、渡辺選手(ワタエンペア)

 

女子ダブルス

福島選手、廣田選手(フクヒロペア)

永原選手、松本選手(ナガマツペア)

 

の4組が試合に参加します!

 

4組とも予選リーグは3試合目になりますが、全組がすでに2勝していて決勝トーナメント出場の可能性は非常に高い状況です。

 

このまま全組3勝で1位通過してくれることを祈っています!!!!!

 

 

今回の記事はここまでとさせていただきます。

また機会があれば読んでいただけると幸いです。