ゆるーく生きたい

なんとなく気になったものやその日食べたものとか、仕事で思うこととか書いていきます

テクノロジー【ついに自分でも判別が可能に?】ブルーライト測定器が気になった

こんにちは。

小島です。

 

デスクワーク中心の仕事をしていると、どうしてもパソコンを見る時間が長くて、目が疲れてきますよね。

よくブルーライトという言葉を耳にするようになり、ブルーライトカットのメガネというのも、世の中で一般的に認知されるようになって結構な時間が経ったかと思います。

 

今回はそんなブルーライトについての新しい機械を見つけたのでご紹介させて頂きます。

 

ブルーライト測定器

f:id:rubenkun:20210607004853p:plain

画像=TECHABLEより引用

今回ご紹介するのは、「GEIGER Blu」という機会です。

見た目は、キーホルダーのような形をしたライトみたいになっていますね。

 

こちらは、どういったことができるのでしょうか?

 

機能

こちらの「GEIGER Blu」は、ブルーライトの測定をすることができます。

 

パソコンやスマートフォンから発生しているブルーライトがどれくらいの強さなのかを識別することができるだけでなく、ブルーライトカットのメガネがどれくらいのブルーライトをカットしているのかを判別することにも使うことが出来るとのことです。

 

自分は、今までブルーライトカットのメガネは使ったことがなかったのですが、ブルーライトカットと言われても、本当にカットできているのかいまいちわからないことが多いなというのが自分の感想だったので、こういった簡単にブルーライトの測定ができる機械というのが出てくるのは単純に嬉しいですね。

 

最後に

今回は、ブルーライトの測定をすることができる機械「GEIGER Blu」についてご紹介させて頂きました。

 

こちらも自分がよく眺めているクラウドファンディングサイトで、募集をしているものとなっておりますので、興味がある方は試しに一つ買ってみてはいかがでしょうか?

 

自分は財布と相談していけそうだったら購入してみます(笑)

 

参考URL

ブルーライトを測定できる! ポケットサイズのセンサー「GEIGER Blu」とは | Techable(テッカブル)

 

今回の記事はここまでとさせて頂きます。

また機会があれば読んで頂けると幸いです。