ゆるーく生きたい

なんとなく気になったものやその日食べたものとか、仕事で思うこととか書いていきます

仕事【使用する際には注意!】エージェントの広告での注意点!

こんにちは。

小島です。

 

エージェントという仕事をしていると、ネット広告で興味を持って来てくださる方が非常にたくさんいます。

もちろん私としては、広告でもなんでも来てくださるのは非常にありがたいことなのですが、結構甘い言葉が書いてある広告に興味を持つケースが多いです。

 

広告ってそういうものだとは思うのですが、エージェントの広告を見るうえで注意してほしい言葉って結構たくさんあるなって思うので、今回は個人的に注意してほしいなって思う言葉をご紹介させて頂きます。

 

エージェントの広告で注意してほしい言葉

①利用者の大半が大手企業に就職(転職)

この言葉はちょいちょい見かけると思います。

何が注意点なのかって話なのですが、大きく分けて2パターンあります。

1、何を基準に大手としているのか?

これは結構重要です。

なぜかと言うと、大手企業という括りはかなり曖昧です。

そもそもエージェントって、有名どころを除いて大手企業の求人なんてほとんどないです。

なので、その会社の中では比較的大きい会社を大手と称して紹介することも全然あります。

なので、エージェント的には大きめな会社というだけの会社に決まって大手の決定率が高いということがあるので注意です。

 

2、大手企業とは言ってるけど、なんの業界なのかが明記されていない。

こちらも結構あるあるです。

大手企業といっても、飲食業界や建設業界、IT業界、商社等々様々ある業界の中のどこの業界の大手に決定しているのかってところが基本的に記載されていないので、大手の紹介をしてもらえると思ったら、全然興味のない業界の大手だけ紹介されるパターンもあり得ます。

 

なので、大手企業の決定率が高いという広告を見ても、どういう業界のなのかはわからないということを注意しましょう。

 

 

②転職してキャリアアップ

これは、結構有名な言葉ですね。

もちろん転職をしてキャリアアップできる人って言うのもいます。

ただ、管理職経験のない人が管理職になったり、いきなり年収が上がる人って言うのは転職エージェントを使っても多くはないです。

自分の感覚では年収が50万以上上がる人は20%もいないと思います。

 

10万とかなら、上がる可能性は全然あるかと思います。

 

ただ、転職エージェントを使って今より待遇がかなり良くなるってケースはほとんどないので注意しましょう。

 

 

③1か月で内定

これは、怪しいって考える人も一定数いるかと思いますが、そもそも1か月で内定って会社側どれだけ人足りてなくて困ってるの?って話ですからね(笑)

 

基本的に人気な会社は、転職の面接期間ってだいたい2ヶ月はかかります。

就職においても、1か月以内に終わる会社って、中小企業が多いので有名な大手に行きたい人は、基本的にそういう言葉を多用するエージェントにはいかない方がいいのかもしれません。

 

 

最後に

今回は、エージェント広告で気を付けたい言葉についてご紹介させて頂きました。

 

もちろんエージェントも目的に沿った使い方をすれば全く問題ないですし、就職活動において、大手企業に行きたいけど滑りどめの会社を探したいとかがあれば、エージェントを使えば結構便利なのは間違いないので、そういう使い方はありだと思います。

 

また、転職においては広告とかに関係なく自分の興味ある求人を掲載しているエージェントをちゃんと利用したり、そこそこ年収もらってたりすれば、ハイレイヤー向けのスカウトサイトとかもあるのでそういうサイトを登録するのも一つの手かもしれません。

 

他にもエージェントを使う際の注意点とかがあれば記事にしてみますね。

 

 

今回の記事はここまでとさせて頂きます。

また機会があれば読んで頂けると幸いです。