ゆるーく生きたい

なんとなく気になったものやその日食べたものとか、仕事で思うこととか書いていきます

漫画レビュー第8弾【からあげぇぇ】3月に実写映画化した群青戦記について今更書きます。

こんにちは。

小島です。

 

漫画レビュー第8弾!

前回の記事はこちらになります。

rubenkun.hatenablog.com

 

 

 

今回ご紹介するのはこちらの漫画!

f:id:rubenkun:20210513003210p:plain

画像=集英社HPより引用

http://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-879739-7



群青戦記です。

3月に映画「ブレイブー群青戦記」として実写映画化したこちらの漫画。

映画身に行く前に緊急事態宣言…まだ映画はみれてないのでとりあえず漫画レビューだけになりますが、ご容赦ください。

 

あらすじ

全国屈指のスポーツ強豪校星徳高校(せいとくこうこう)、華々しい実績の裏では、いじめや自殺と言った裏側があった。

カーストでは下から2番目のところにいる、弓道部の西野蒼は超が付くほどの歴史マニアであった。

ある日の放課後、急に学校ごと見知らぬ土地に移動していた。風変わりな格好をした見知らぬ男たちが襲ってくる中、西野は周りの景色や男たちの格好を見て、自分達が戦国時代にタイムスリップをしたことに気が付く…

 

こんな感じですね。

タイムスリップもので、学校ごとって言うのは結構珍しいかもしれないですね。

 

見どころ

アスリート高校生たちの戦い

スポーツ強豪校の生徒たちということもあり、運動能力は非常に高いです。

そこで、一部隊として戦に巻き込まれていく生徒たちですが、それぞれ自分のスポーツの技術を駆使して、戦国時代の兵士たちと戦っていきます。

 

個人的には、アメフト部が足軽にタックルしかけているシーンに何とも言えない面白さを感じました(笑)

タイトルの「からあげぇぇ」もアメフト部の部員のセリフです。

 

著作権的な問題で、画像は出すことできないのですが、この「からあげぇぇ」はネットでも一時期ちょっとだけ話題になりました(笑)

 

その他卓球部の男の子が包丁で忍者と戦ったりもします(笑)

もう高校生辞めてるレベルで強いです。

 

読んでみての感想

「からあげぇぇ」はちょっとギャグっぽいですが、漫画全体としてはかなりシリアスな展開が多いです。

ご都合主義で進むわけでもなく、戦で仲間が死んでいったりもするし、歴史通りに進まない戦で混乱したりもして、次はどうなるのかって続きが気になる作品です。

 

緊急事態宣言が明けてまだ映画続いていたら実写映画も見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

参考URL

連載漫画『群青戦記 グンジョーセンキ』|週刊ヤングジャンプ公式サイト

 

 

今回の記事はここまでとさせて頂きます。

また機会があれば読んで頂けると幸いです。